分割して相続する場合


借地権を相続する場合、兄弟や姉妹などがいると、分割して相続したいと考えることもあるでしょう。借地権は分割して相続することは可能ですが、後々のトラブルを考えて、あまりおすすめできません。現金の場合は比較的分割しやすいのですが、借地権や不動産を分割して相続すると、さまざまな問題が発生しやすいからです。

たとえば、借地権を2人が相続したとしましょう。相続当初は借地権の分割相続で折り合いが付いた場合でも、その後1人が売却したいと言い出したり、賃貸収入を得たいと言い出したりすることも少なくありません。複数の相続人がいれば意見が分かれることは当然想定できるため、話し合いで解決できなければ相続トラブルにまで発展しかねません。また、建て替えについても所有者全員の同意が必要となり、借地権の建て替えには地主の許可も得なければなりません。

また、世代が交代すれば、新たな相続人が増えてしまい、それぞれの意見が食い違いやすくなります。兄弟や姉妹のうち2人のみが相続した借地権も、相続した人が亡くなれば新たな相続人が増えてしまうのです。このような相続のことを二次相続と呼び、借地権の相続でなくてもトラブルが発生しやすいため注意しましょう。自分達だけで無理をして解決しようとするのではなく、借地権の相続相談が無料で出来る“ピタットハウス”のような専門家に頼ることも大事です。無料相談を活用して、最適な解決法を選んだほうがトラブルはきっと避けられるでしょう。