借地権の相続


相続人が借地権と建物を相続した場合、地主に許可を得る必要はなく、新たな土地賃貸契約を結ぶ必要もありません。相続した者は、地主に土地の借地権を相続したことを伝えるだけでよいでしょう。しかし、建物については名義変更する必要がありますから、法定手続きに従い変更してください。よく間違ってしまうのが、借地権を所有していた人が亡くなった場合、土地は地主に返還しなければならないと考えてしまうことです。地主から土地を返してほしいと言われたとしても、法律上では返す必要はありません。

また、相続した借地権や建物は売却が可能です。増改築もすることができます。この場合は、地主の許可が必要となるため、地主の許可がなければ売却も増改築もできず、トラブルが発生する可能性があるでしょう。勝手に売却や増改築を行うことは認められておらず、知らずに売却や増改築をしてしまうと、契約は破棄となり土地を返さなければなりません。

ほかにも地主が亡くなり新たな地主が現れた場合、借地権があっても立ち退きしなければならないケースもあります。たまたま相続の時期と、地主が変わる時期が重なり、建物の登記をしていないと、借地権を主張することはできません。このように借地権を相続した際には、そのまま借地権を相続することはできるのですが、かならずしも相続人がそのままの家に住むとは限らないため、さまざまなトラブルが発生しています。親が借地権を所有しているかは、相続するまで知らなかったケースもあるでしょう。万が一借地権を相続した際の起こりうるトラブルを紹介します。